引越しは前準備が重要!当日までに済ませておくこと

引越しの準備を始めるタイミング

引越しの準備を始めるタイミングは人それぞれですが、一般的に早く準備し始めた方が楽になると言われています。スケジュールに余裕があると、梱包をするにしても、一日あたりの作業時間を減らせます。料金の安い日を狙っていくことも可能になるので、できれば引越しが決まった瞬間から動き始めましょう。

作業員

引越しに必要な手続き

引越し時には、「転出届」や「転入届」を役所に提出する必要があります。住む場所が変われば、それに合わせて住民票も異動させなければいけないからです。この手続は義務であって、違反すれば罰則もあります。忘れないように手続きをしましょう。市区町村に変更がない範囲での引越しでも、「転居届」の提出は求められます。

トラック

引越し準備に必要なアイテム

荷造りをする際には、大量のダンボールが必要になります。ホームセンターに行けば比較的安く購入ができるので、事前に入手しておきましょう。また、食器などの割れ物を包むための緩衝材も必要になります。ガムテープや紐、滑り止めの付いた軍手などもあれば便利です。

部屋

荷物を梱包する際の注意点

ダンボールの数が多くなると、中に何が入っているのか分からなくなることがあります。新居で荷物を整理するときに困ることが多いですから、大量のダンボールを使って荷物を梱包する際には、何が入っているかしっかりと書いておくといいでしょう。割れ物を入れたなら、その旨も書いておくと安全です。

引越しはプロの業者に任せると便利!

荷物を運ぶだけですから、引越し作業は素人にもできます。ただ、やはり作業のスピードに関してはプロの方が上です。また、新居を傷付けないように丁寧に運び込んでくれる点も見逃せません。安いプランも探せば見つけられるせいか、近年は昔に比べてもプロに作業を任せる人が増えてきています。

引越し業者へ依頼するメリット

業者に依頼すれば、親戚や友人の協力を仰ぐ必要がなくなります。引越し作業自体が一日か二日で終了するので、迅速に新生活に移行できる点もメリットです。素人が作業をするのに比べ、家具や家電、新居の床や壁に傷が付くリスクも低下します。

引越しに関する疑問にお答えします!

レディ

タワーマンションの上層階でも大丈夫?

東京にはタワーマンションも多いですが、そうした背の高い建物の上層階への引越し依頼も、専門の業者なら引き受けてくれます。大手ならクレーン車を用意して、バルコニーから荷物を運び入れてくれる場合もあります。

単身パックとは何ですか?

単身パックというのは、主に一人暮らしの方をターゲットとした引越しプランのことです。一定サイズのボックスを貸してもらえるので、そこに荷物を詰め込みます。後はそれを業者の人に渡して、新居にて受け取ればいいだけです。シンプルで費用も抑えられるということから、若い世代を中心に人気があります。

作業にはどのぐらいの時間がかかりますか?

一般的な荷物量の引越しであれば、積み込みと積み下ろしの両方を済ませても数時間しかかかりません。新居までの距離が近いなら、スケジュールは一日空けておくだけで問題はないでしょう。しかし、遠距離の場合は、一日で終わらないのが普通です。積み込みと積み下ろしを別日に行う必要があるからです。

お礼を用意する必要はありますか?

お世話になった人にお礼の気持ちとして、物などを渡す風習が日本にはありますが、もちろんこれは義務ではありません。業者に何かお礼を用意していなかったとしても何も問題は起こり得ないので、心配する必要はないでしょう。