賃貸物件を探すときには様々な条件を決めて物件を絞り込もう

ビルと男性

学校と病院の場所

住宅模型

子どもがいるのであれば京都の賃貸物件をかりるときに気になる物件の周りに何があるのか気をつける必要があります。まず子どもが保育園や幼稚園に通う年齢であれば、保育園などが京都の賃貸物件から近いのか確認します。送り迎えのある保育園が通勤するときに通る道であればいいですが、通勤経路とは逆方向になると通勤には時間がかかってしまいます。また、保育園などがどのような雰囲気なのか見学できるのであれば、見学するようにします。保育園によって雰囲気が異なったり、預かってくれる時間が異なったりするので事前に問い合わせしておきましょう。時間によっては迎えに行けないことがあるので、預かる時間には注意してください。
また、保育園や幼稚園だけでなく小学校にもそれぞれの特徴があるので、行かせたい学校があるのであれば、気になる京都の賃貸物件がその学校の学区になっているのか調べるといいです。学校の周りを歩けば先生がしっかりと見送っているのか確認できるので、子どもを守るためにそのような点にも気をつけましょう。通学路となる道の交通量も実際に見て確認しておきます。どのくらい車が通るのか、歩道と車道の間にしっかりとポールが立てられているのか、歩行専用道路で車が通ることがないかなど子どもの安全面があるか見ておくといいです。また、病院やクリニックが京都の賃貸物件から近いのかも周辺施設を確認するときにチェックします。小さいときは病気になりやすいので、どこにどの診療科の病院やクリニックの場所を知っておけば、子どもが病気になったときに慌てることはないです。こういったことを不動産業者と逐一確認しながら良い立地を決めることが大切です。